愛称「ありがとさん」

日本家主クラブは、収益不動産のリスクに対応できる、アパート・居住用ビル(愛称“ありがとさん”)を東京都心に新築し、「安心」「調和」をテーマに事業用投資物件の活性化に取り組んでいます。

売主直販投資物件

詳細ページには、案内図・重要事項概要・公図写・実測図・土地登記簿謄本・平面図・建物仕様概要・運用収支試算書を掲載しております。

室内イメージ 拡大

今話題の不動産にまつわる話や、不動産の活用について家主クラブの目線で解説します。

人生100歳時代と「新土地神話」
平成29年10月5日
平成元年12月から翌年3月に不動産バブルが崩壊しました。(私たちの実感)
その後、長期デフレを体験することになり、個人も企業も金融機関も、不動産投資には慎重で、今も、いろいろな見方があるようです。
しかし、都心の小型アパートに関しては、下記のような現状・見方から、「健全化した」と考えてもいいのではないでしょうか。

■世界一住みやすい都市を目指して、再開発が順調に進んでいること。
「日本の歴史や文化を学びたい」と、海外から来日される方には、永住を希望される方がいて、東京都心は、2020年後、「新しい国際都市として安定期に向かう」との見方ができること。
世界的金余りが続く中、世界の投資家が、東京都心不動産は「安全な投資先の一つ」とみておられ、利回り6%以下でも、安全が確認できれば対象にされるようになったこと。
■都心部の地価は、2年あまり前から、住宅用地は年2〜5%安定上昇を続けていること。
超都心の商業地2桁上昇のところもあり、「新しい土地神話」が始まっているとの見方もできること。(売り情報の公開は殆どありません)
■この地域の小型ワンルームアパートの賃貸料は、入居率 95%以上を維持しながら上昇を始めていること。
民泊、社宅・寮が検討されていますが、安全と地域・入居者同士の問題が多く、先は見えていません。
■私たちへのアクセスから、不動産投資潜在需要が多いこと。
人生100歳時代の長期安定収入源として、現物資産である小型アパートを考えておられる方の多くが、都心の物件に注目されていること。

そんな中、ア パートへの過剰融資、過剰投資が報道されています。
全国レベルでみる空室率、賃貸料は、少子化の影響でそうなっているようです。
しかし、注目しなければいけないのは、一極集中が加速しているという現実です。
一極集中といえば、東京圏が一般的ですが、“超都心”へと見方が変わっています。
山の手線付近ターミナルでは、20代、30代の歩行者が増え続けています。


続きはこちら>>
室内イメージ 拡大